100. 身についた習慣、身につけたい習慣


“文京組版”の運営会社・フクイングラフィッ(株が属するフクイングループでは、2005年より毎年5つの習慣実施項目を決めています。全社員が「目的」のために「行動」を習慣とすることを目指しています。社内のエレベーターの中にも掲示されています。

その中で印象に残っているもの、このコラム担当者の意識や行動を変え(つつあるもの3つを取り上げてみます。

[目的] 作業指示の行き違いを防ぐために、
[行動] 疑問点は必ず確認する

「疑問点は必ず確認する」というシンプルで明快な行動指針は、このコラムを書く原動力にもなっています。長年、組版・DTPや校正の仕事をしていても、まだまだ知らないことはたくさんあります。気になったことを、知っている人に聞いたり、調べたりして自分でも「ヘー」と思うこともよくあります。また、不具合が起こった時の「なぜ?」を放置してしまうと、二度・三度と同じ不具合が起きることになる、ということも身にしみて分かっています。

[目的] 業務を円滑に進めるために、
[行動] 感謝の気持ち・謙虚な姿勢を常に持つ

社内でも、お客様・協力メーカー様とパートナーとして仕事をするときにも、必要な心構えです。新しいお取引では、慣れないやり方に驚き・学ばせていただくことも多々ありますが、より多くの仕事に、さらにかかわらせていただくためにも身につけたい習慣です。

[目的] 挨拶は品質の基本。高品質を維持・向上させるために、
[行動] 自分からすすんで挨拶するように心掛け、
  明るく・元気良く声をだす

挨拶がきっちりできない人と、遠慮のない密な仕事の話ができるとは思えません。また、会社を訪問した時、挨拶ひとつがその会社の印象を良くも・悪くもすることがあります。この項目は、毎年継続して掲げられています。

Pocket

※このコラムおよび、コラム中の文章、画像、動画の無断転載および複製等の行為はご遠慮ください。

  • サイト内検索

  •  
  •  
  •