法(専門書など)">

65. 側注―テキスト原稿作成の手(専門書など)


組版の現場では、専門書の仕事で、側注として用語の解説等を組版することがよくあります。最近見かけた、Wordでテキスト原稿を作る手法をご紹介します。

A. 側注ごとにテキストボックスを作成
該当の行にカーソルを置いて、切り取ったテキストボックスをコピーペーストし、その中に側注のテキストを入力する。

B. コメント機能で作成
側注をつける語句を選択して[校閲]-[コメントの挿入で側注のテキストを入力する。

C. 末尾にまとめて作成
昔からの手法。テキスト原稿の末尾に、まとめて側注のテキストを入力する。

AとBの手法は、テキストが増減しても側注のテキストがしっかりついていくので、執筆・編集の際に便利なものです。ただし、入稿データをDTPで使うときには、ファイル全体をテキスト形式で書き出しても、テキストボックスやコメント部分は書き出されず、事前にコピー&ペースト等の作業でCの状態にする必要があります。

Pocket

※このコラムおよび、コラム中の文章、画像、動画の無断転載および複製等の行為はご遠慮ください。

  • サイト内検索

  •  
  •  
  •