128. 「挙」と「拳」


”を“”と直す修正指示を何回か見かけました。校正を専門の仕事としている方も見ているはずの出版物でも、こういう見落としはあるものです。

見た目がすごく似てい(手書きだとなおさらので、間違うことの多い文字として認識しておく必要のあるセットです。パソコンを使って文字を入力するのに慣れてしまうと、だんだんとその字の細かい成り立ちに意識がいかなくなり、打ち間違えたり、手で書けなくなってしまいます。

一般的な用語で、熟語単位できちんと読めていれば、誤変換のリスクは少ないはずです。しかし、一文字ずつ入力するときに、間違えることがあるのでしょう。専門用語の知識が少ないDTPの作業者は注意が必要です。また、よく携わる分野の仕事で、読めない熟語に出会ったときには、できるだけ読めるようにしておくのも必要なことかもしれません。

~おまけ~

ネットで、“こぶしあがり”の「上」で検索すると、「挙(きょじょう」の誤用では?と思われるものがいくつもヒットします。「拳上」で検索して、トップの方に「挙上」のものが並ぶとういうことは、「挙上」のつもりで、「拳上」と入れて検索して、「挙上」のものを選ぶ方がそれなりにいるということでしょうか?

Pocket

※このコラムおよび、コラム中の文章、画像、動画の無断転載および複製等の行為はご遠慮ください。

  • サイト内検索

  •  
  •  
  •