140. メイリオでカタログ制作


組版の現場では、部品メーカー様の製品カタログ「メイリオで制作しています。メイリオは、Windows VistaからWindowsシステムに搭載されているフォントです。

数年前に、そのメーカー様のカタログはすべてメイリオで制作することになり、新ゴ等で作っていたものを変更しました。元のカタログでは、新ゴを3ウェイト、合成フォントでHelvetica系の3ウェイトほどを使用していました。フォント変更の件をうかがった際に、メイリオ「細い・太いの区別ができるのか?(ウェイトはあるのか?と思いましたが、レギュラー、ボールド、イタリック、ボールドイタリックの4種類が揃っていて、なんとかなりました。

メイリオのイタリックは、半角の欧文・数字・記号のみが斜体になりま(全角の日本語・欧文・数字・記号類は立体のまま。また、日本語をメイリオとしているカタログの中国語版で「Microsoft Yaheiが指定されます。

フォント移行の過程で、他の制作会社からメイリオを製品カタログで使うのは、フォントの著作権的に問題があるのではないか、との提言があったようです。海(北米、ヨーロッパ、アジアにも拠点・工場のあるグローバル展開をしているメーカー様ですので、問題があるかどうかは、法務の専門家の方が判断されたのでしょうか、そのまま発行され続けています。

家具販売店のIKEAのカタログにも、メイリオが使われているようです。

~おまけ~
今どきのOS(Windows 8.1, Windows 10, Mac OS El Capitan, Maverics, Yosemiteにバンドルされているフォントといえば「游ゴシック」、「游明朝等の游書体フォントとなるのでしょう。字游工房さ(ヒラギノもデザインしていますのこれらのフォントは、以前からデザイナーの方々に支持されていて、出力の現場でもいくつかのフォントを必要に応じて1ウェイト3万(税別也!で購入し、用意していました。将来は、オフィスユースでもこのフォントが使われるようになってくるのでしょう。DTPの世界では、以前のヒラギノのように、複数のフォントのバージョンが存在して、ややこしいことになったりするのでしょうか。

参考OS搭載の游書体一覧PDF(字游工房)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
Pocket

※このコラムおよび、コラム中の文章、画像、動画の無断転載および複製等の行為はご遠慮ください。

  • サイト内検索

  •  
  •  
  •