160. イラレのパッケージ


ここ何年かは、現場の話声がよく聞こえる、部屋の中心部に席があります。この間は「イラレはパッケージされていないという会話が聞こえてきました。えっ、そうなんだ!? いつのまにか、Illustrator自体でパッケー(あちこちのフォルダに保存されたリンク画像、欧文フォント等が1つのパッケージフォルダ内に収集、整理できる機能をもつようになっていたのですね。Creative Cloud版のCS6からということです。およそ4年前からというわけです。

Web「Illustrator パッケージで検索すると、Illustrator CS4・CS5では、スクリプトを使ったリンク画像を収集する方法も見つかります。以前は、そのような方法がとられていたようです。

世間での認知度はどうなのでしょうか。現場の印象ではInDesignほどパッケージされた入稿データは見かけないということです。Illustratorで見開きページを作成する商業印刷物カタログ系のものは、AIファイルとリンク画像を同じフォルダの同一階層に入れておけば、フォルダ毎のコピーで済んでいるのでしょうか。

それでも、現場からは時「リンク画像がないという会話が聞こえてきます。各印刷会社が作成するデータ入稿ルールでは「パッケージしてください。と、書いてあるものもあります。リンクデータの不足があると連絡の中継をすることになる、データ制作の発注者を含めて、ネイティブデータ入稿には、ポカヨケとしても有効な、便利なパッケー(収集機能がある、と広く認知されることを祈ります。

参考
間違いのない入稿データ作[パッケージ機能(Adobe)

~おまけ~
印刷通販会社の中には、印刷データの作成方法として、Illustratorでの画像「埋め込み配置を推奨しているところもあるようです。ファイルが重くなるのが難点のようですが、完全データで出力依頼の場合は、そちらでもデータ不備で問い合わせが来るリスクは減るのかもしれません。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
Pocket

※このコラムおよび、コラム中の文章、画像、動画の無断転載および複製等の行為はご遠慮ください。

  • サイト内検索

  •  
  •  
  •