50. 穴埋め枠のサイズを文字数に応じてスクリプトで調整する


資格の受験参考書の案件で、赤シートで隠して使う穴埋め問題の枠を、枠のサイズの違いで解答を簡単に類推できないように、段落毎に文字数の多いものに枠のサイズを合わせたい、という組版指示に効率的に対応するために、以下のようなスクリプトを作ってもらいました。

スクリプトで、以下のようなことをしています。

赤色文字のスタイルの部分を探す→罫囲み(テキストフレームを作成→赤色文字をその中に入れる→文字数に合わせて罫囲み枠をフィットさせ(InDsignの機能→インラインで文中に入れ込む
段落毎に罫囲み枠のサイズを調べて、一番長いものにその他の罫囲み枠のサイズを合わせる。

校正の段階で直しが入って文字数が変わっても、変わった段落のみ再度スクリプトを走らせれば、②の部分だけが実行されて、罫囲みのサイズは一瞬で調整できて便利です。

Pocket

※このコラムおよび、コラム中の文章、画像、動画の無断転載および複製等の行為はご遠慮ください。

  • サイト内検索

  •  
  •  
  •